Gentoo Side

このエントリーをはてなブックマークに追加  

2013/09/28
TortoiseSVN 1.8.2.24708

TortoiseSVNのインストールと設定

ページ内索引
TortoiseSVNのインストール
TortoiseSVNの設定
日本語メニュー表示の設定
リポジトリブラウザによる接続
TortoiseSVN は Windows で動作する フリーのSubversion クライアントです。
TortoiseSVN はエクスプローラーの右クリックメニューで動作します。 エクスプローラー上ではアイコンオーバーレイ機能により、 ファイルやフォルダの状態が一目で分かるようになっています。 また、日本語化の完成度も高く、ポップアップの説明文まで丁寧に日本語化されており、 大変使いやすいです。

このページでは TortoiseSVNのインストールとリポジトリへの接続について解説しています。
TortoiseSVNの使用法については、「TortoiseSVNの使い方」で解説しています。

tortoisesvnインストール画面2

TortoiseSVNのインストール

TortoiseSVNをインストールします。
TortoiseSVN のプロジェクトページからインストーラーをダウンロードします。

TortoiseSVNダウンロードページ

インストーラーと、日本語化を行う場合は日本語パックをダウンロードします。

Windowsのバージョンが何ビットか確認した上で、対応するTortoiseSVNインストーラーをダウンロードしてください。
tortoisesvnダウンロード画面1

同じページにあるTortoiseSVN日本語パック (Language PacksからJapaneseを選択します)をダウンロードします。
こちらも、Windowsのバージョンが何ビットか確認した上で、対応するLanguage Packをダウンロードしてください。

インストールは大変簡単で,ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると,インストーラー が立ち上がります。

(1)
tortoisesvnインストール画面1
Tortoisesvnインストール画面1
Nextボタンを押します。
(2)
tortoisesvnインストール画面2
Tortoisesvnインストール画面2
ライセンスを確認後、Nextボタンを押します。
(3)
tortoisesvnインストール画面3
Tortoisesvnインストール画面3
Brouseボタンで(4)のインストール場所の指定を行います。
Diske_Usageボタンで(5)のディスク容量の確認を行います。
Nextボタンで(6)のインストール画面へ移動します。
(4)
tortoisesvnインストール画面4
Tortoisesvnインストール画面4
インストール場所等を指定します。
(5)
tortoisesvnインストール画面5
Tortoisesvnインストール画面5
ディスクの容量が表示されます。
(6)
tortoisesvnインストール画面6
Tortoisesvnインストール画面6
Installボタンを押します。
(7)
tortoisesvnインストール画面7
Tortoisesvnインストール画面7
(8)
tortoisesvnインストール画面8
Tortoisesvnインストール画面8
インストール終了です。

日本語LanguagePackもダブルクリックで簡単にインストールできました。
(1)
tortoisesvnインストール画面1
Tortoisesvn Languagepackインストール画面1
次へボタンを押します。
(2)
tortoisesvnインストール画面1
Tortoisesvn Languagepackインストール画面2
インストール終了です。

TortoiseSVNの設定

TortoiseSVNの設定を行います。設定画面は右クリックのメニューにある「設定」を選択する事で表示されます。

日本語メニュー表示の設定

日本語のメニューが表示されるように設定を変更します。
設定を行う前に日本語LanguagePackのインストールを済ませてください。

まずは設定画面を開きます。
tortoiseSVN設定画面

設定画面の「言語」リストボックスで日本語を選択してください。
tortoiseSVN設定画面

Subversionへの接続

TortoiseSVNをサーバーに接続します。
接続の確認を行うには,リポジトリブラウザが便利でしょう。
URL入力欄に接続先のリポジトリのURLを入力してください。
読み取り専用のリポジトリを用意しましたので、ご利用下さい。

  • TortoiseSVNテストリポジトリ
    http://www.gside.org/testsvn/
リポジトリエクスプローラー画面
リポジトリブラウザ

接続後、リポジトリの中身を見る事ができれば、接続成功です。

今回の例は認証が無いケースですが、認証をかけている場合は,ここでユーザー名とパスワードを 求められます。
また、TortoiseSVNは https による接続も行えます。(サーバー側での設定が必要です。)
ただし,証明書が期限切れであったりすると,接続に失敗するので気をつけてください。


Index
Subversionのインストールと設定(Apache編)
Subversionのインストールと設定(svnserve編)
TortoiseSVNのインストールと設定
TortoiseSVNの使い方
Subversion Tips

このエントリーをはてなブックマークに追加   ツイート