Geek-Side

Resource > case

case文を使うと、変数の値によって処理を分岐させることができます。
 case 変数 in
     バターン) 処理;;
     バターン) 処理;;
     バターン) 処理;;
 esac

引数の値が1の場合、2の場合、3又は4の場合、それ以外の場合で処理を分岐させる例です。
case_basic() {
    case $1 in
	1) echo "hoge";;
	2) echo "fuga";;
	3|4) echo "foo";;
        *) echo "moge";;
    esac
}

パターンに変数を使うこともできます。
 case "$1" in 
 "${hoge}") /bin/echo "hoge";;
 "${fuga}") /bin/echo "fuga";;
 esac