Geek-Side

Resource > wanderlust
WanderlustはEmacs上で動くメールクライアントです。\
http://www.gohome.org/wl/index.ja.html

インストール

 # Stable版の場合
 $ emerge wanderlust
 
 # CVS版の場合
 $ emerge wanderlust-csv

起動

Emacsを起動して、M-x wl と打てば起動します

設定

何も設定せずに起動すると以下のワーニングが表示されます。
 Warning (elmo): Please set `wl-message-id-domain' to get valid Message-ID string.
.wlを編集して、差出人の設定をすると表示されなくなります。
 (setq wl-from "tma <tma@example.com>")

POPフォルダを読む

.foldersを編集します。
 #サーバーにメッセージを残さない場合
 &[username]@[server]
 
 #サーバーから%INBOXにメッセージを取り込む場合(サーバーにメッセージが残らない)
 |&[username]@[server]|%INBOX
 
 #サーバーから%INBOXにメッセージをコピーする場合(サーバーにメッセージが残る)
 |&[username]@[server]|:%INBOX
上記のように"|"や"|:"等のパイプ処理を用いることができます。

送信済みメッセージを保存する

.wlに以下を追加します。
 ;; 送信済みフォルダ名称
 (setq wl-fcc ".Sent")
.folders に上記で設定したフォルダを記述します。
 .Sent

IMAPフォルダを読む

.folders を編集します。メールボックスの名前が inbox の場合です。
 %inbox
.wl にサーバの設定を記述します。
 ;; Default IMAP4 server
 (setq elmo-imap4-default-server "example.com")

HTMLメールを読む

w3mでHTMLメールを読むための設定です。
 (require 'w3m-load)
 (require 'mime-w3m)

パスワードの保存

認証が完了した状態で、
M-x elmo-passwd-alist-save

メッセージサイズの制限

メッセージを開くときに、確認を求めるメッセージサイズの上限値\
大きめの添付ファイルの飛び交う環境では、確認メッセージが何度も出るので、
大きくした方がいい場合もあります。\
初期設定は 30000 (bytes)\
 (setq elmo-message-fetch-threshold 100000)

オンライン/オフライン

メッセージに`N', `U', `!', `A', `F'のマークが付いているものは、
そのメッセージがキャッシュされていないことを示しています。
`elmo-imap4-use-cache'
初期設定は `t'。Non-nil なら、IMAP4 で読んだメッセージをキャッシュします。
`elmo-pop3-use-cache'
初期設定は `t'。Non-nil なら、POP3 で読んだメッセージをキャッシュします。
`~/.wl' などで変数 `wl-plugged' を `nil' に設定してから起動すると、
起動時からオフラインモードにすることができます。
 ;; plugged mode start up offline
 (setq wl-plugged nil)
操作 キーバインド 備考
M-t オンライン/オフライン切り替え
C-t オンライン/オフライン切り替え(サーバー毎)

キーバインド

*** メールを読む
操作 キーバインド 備考
未読メッセージの読み込み s
添付ファイルを読む e 添付ファイルが記述されている場所までカーソルをあわせます

メールを書く


操作 キーバインド 備考
新規メールの作成 w
返信メールの成作 a 返信したいメッセージを選択して
返信メールの成作 A 元の文章を付加する
転送メールの成作 f 転送したいメッセージを選択して
アドレス帳を起動 C-c C-a
署名の挿入 C-c C-w .signature ファイルを自分のホームディレクトリに作成し、署名の中身を書いておきます。
ファイルを添付する C-c C-x C-i
メールを送信する C-c C-s

アドレス帳

操作 キーバインド
To:に指定する t
CCに指定する c
BCC:に指定する b
指定したあて先で決定する x

サマリーモードでの操作

操作 キーバインド 備考
スレッドを開く [
スレッドを閉じる ]
メッセージを全て既読にする c
メッセージを削除する e 削除したいメッセージを選択
メッセージを未読にする ! 未読にしたいメッセージを選択
メッセージ本文へカーソルを移動 j
フラグをつける $
メッセージを編集する E 編集したいメッセージを選択します
ヘッダを表示する H
ヘッダを隠す .
メッセージの最後尾へ移動 >
メッセージの最前列へ移動 <
メッセージの検索  V 検索する項目、内容を指定します。

フォルダーモードでの操作

操作 キーバインド 備考
フォルダを削除する e
メッセージを全て既読にする c
メッセージの検索  V 検索する項目、内容を指定します

メッセージモードでの操作

操作 キーバインド 備考
添付ファイルを開く v ~/.mailcapに設定が必要(Meadow)
添付ファイルを保存する e